アーカイブ | 10月 2014

日本は大丈夫?うつ病の増加は先進国の病気?

複雑化する現代社会では生活が不規則になったり、睡眠不足でストレスを抱えるなどさまざまな要因から心の不調を起こす方が大変増えています。
なんとなく気分が沈んでしまって表に出たくなくなってしまったり、人と会うのが不安になってしまう、会社に行きたくなくなるというのは誰にでも起こりうることです。
こうした症状をうつと呼び、すぐに通院して診察を受けることはとても大事なことです。
心療内科などで診断してもらい症状が安定したあとでも、薬を長く飲み続けなくてはならない場合があります。
症状が落ち着いてくると自分で気持ちをコントロールできるようになり、通院するのが嫌になって薬を飲まなくなってしまうケースもあるので注意が必要です。
こうしたうつ症状やパニック症候群などの時に処方されるのがデパスという薬です。
デパスはチエノジアゼピン系の緩和精神安定剤で抗不安薬とか心身安定剤と呼ばれる薬です。
とても安全性が高く依存性も少ない薬として広く親しまれています。
このデパスには同じ成分でより安価に購入することができるジェネリック医薬品があります。
それは特に有名なデパスのジェネリック医薬品がエチラームです。
ベンゾジアゼペンと同様のものであるチエノジアゼピン化合物薬であり、健忘症や抗不安といった心的影響から催眠、鎮静、骨格筋のリラックス作用があり、心を穏やかに保って落ち着けてくれると同時に、寝つきやすくしてくれる効果があります。
うつを伴った不安神経症に最適な治療薬として広く使用されている薬です。
ジェネリック医薬品は先行薬品と成分が同じで同じ効果を期待できるものですが、価格が安く購入できるという魅力があります。
現在広く飲まれている薬の中には先行薬品が発売されておらず、ジェネリックのみしか流通していないものもあります。
解熱鎮痛剤として多く使われているアセトアミノフェンは後発医薬品ですが、先行薬品に当たるものがありません。
ジェネリックは安心して飲むことができる有利な薬であると言えます。
エチラームは服用した後30分頃から効果が出始めその効果は3時間半ほど維持するのでそうした時間配分を考えて服用することが必要です。
不眠症で困っている時などに飲むことで穏やかな気持ちで眠ることができるなど、うつだけでなく広く効果を期待できる薬です。
筋肉を弛緩させる働きもあるので整形外科で腰痛の治療などにも使われていますので、服用後の生活に注意して飲みたい薬です。
海外からの個人輸入などで購入される方が多く、常備しておきたい薬と言えます。

俺のストーカー

どーも!ポックルです(-ω-)

ご無沙汰してました!!

最近寒いんだか、暑いんだかわかんない天候で着るものに困ってます!

 

タイトル、、、、こわいですね!

ストーカーとかwww

 

ポックルはストーカーとは無縁の生活を送ってますが、

実際にあわれている方はさぞかし怖いですよね。。。。

 

そんなストーカーですが、ポックルはこのアプリに最近ハマってます!

 

「俺のストーカー」

プレイヤーがストーカーに合うのではなく、モテすぎて困る!というドヤ顔男がストーカーにあってるのですが、

そのストーカーが周りにいる一般人や同類のストーカーを殴る、けるなどして排除していく、という

バイオレンスなアプリですw

でもこのストーカーちゃん、、かわいいんだよなぁーーw


01
03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暇を持て余している!!!

って方!にはオススメのアプリですヽ( ゜ 3゜)ノ